大野城・七間朝市(しちけんあさいち)

織田信長の家臣、金森長近が築いた大野城。風情と人情あふれる七間朝市は、400年以上の歴史を誇る庶民の文化遺産

観光地の詳細情報

越前大野と飛騨高山

織田信長に仕えた金森長近が築城した大野城と大野の城下町。

大野城を築いた金森長近
(C)福井テレビ

長近は1585年(天正13)、豊臣秀吉の命により、飛騨を平定、翌年飛騨高山に移りました。
長近は、千利休や古田織部に茶を学んだ茶人としても知られています。

大野城の東側に広がる城下町
(C)福井テレビ

長近が作った越前大野の城下町や飛騨高山の街並みが“小京都”と呼ばれているのは、そのゆえんともいわれています。

復元された越前大野城
(C)福井テレビ

大野市城町の亀山にそびえたつ現在の大野城は、1968年(昭和43)に復興されたもので、多くの観光客が訪れる名所として知られています。天守閣からは大野の城下町が一望でき、市民の憩いの場としても人気があります。

関連ポイントを探す