紫式部公園(むらさきしきぶこうえん)

武生に1年あまり滞在した『源氏物語』の作者、紫式部を偲んで造られた、寝殿造の庭園をもつ公園

観光地の詳細情報

「源氏物語」の中の“たけふ”

越前国府「武生」に住んだ紫式部
(C)福井テレビ

幼い時に母を失い父のもとで成長した紫式部。
996年に父・藤原為時が越前国司となったため、父と共に越前国府へ移り住みました。

式部が都を離れて暮らしたのは後にも先にもこの時だけ。

式部が書いた『源氏物語』には、“たけふ”の地名や越前国府で見た雪景色が登場し、都への懐かしさや越前で暮らす寂しい気持ちを込めた和歌が『紫式部集』に収められています。

紫式部を偲んで作られた紫式部公園
(C)福井テレビ

都に住む女性が地方で暮らす事などほとんどなかった時代に、国府で生活したことや都との往来の旅をしたことは、彼女の作品に大きな影響を与えたのです。

関連ポイントを探す