北前船主の館 右近家(うこんけ)

江戸から明治にかけて日本海で商品や文化を運搬した北前船の船主として、栄華を極めた右近家の屋敷

観光地の詳細情報

海上のスーパーマーケット

西洋館から望む日本海
(C)福井テレビ

庭園や茶室、鉄筋コンクリートで建てられた洋風の別荘など、北前船の船主・右近家の繁栄からも分かるように北前船の発展は当時の日本経済を支えるほど大きなものでした。

北前船・八幡丸の模型
(C)福井テレビ

日本海西廻り航路の開発を契機として、北海道を始め奥羽、北陸地方と関西の大阪を下関経由で連結して、大量の米や海産物などの輸送に活躍。

右近家に展示される船幟
(C)福井テレビ

その積荷は、上り荷では昆布、サケ、身欠、銅ニシンなどで、下り荷では木綿、古着、塩、砂糖、酒や紙など多様で、“海上のスーパーマーケット”さながらの様子でした。

関連ポイントを探す