明通寺(みょうつうじ)

806年(大同1)に坂上田村麻呂が創建したと伝えられる、高度な建築技術が駆使された寺

観光地の詳細情報

「海のある奈良」と呼ばれる街

人口わずか3万3千人の小さな港町でありながら、100を超える寺院がひしめいている小浜市は、「海のある奈良」と呼ばれています。

海のある奈良と言われる小浜市
(C)福井テレビ

大陸に近いこの港町は,古来から朝鮮半島や中国との交易が盛んで、その面影は町のいたるところに見ることができます。

本堂とともに国宝に指定されている三重塔
(C)福井テレビ

小浜市にある数多くの寺院の一つ、明通寺は、本尊薬師如来坐像降三世明王立像、深沙大将立像、不動明王立像の、いずれも国の重要文化財に指定されている4体の仏像を持ち、地方にありながら中央のものにも劣らない密教建築の寺院です。

本尊薬師如来坐像(国指定重要文化財)
(C)福井テレビ

関連ポイントを探す