越前水仙(すいせん) 越前岬

厳冬の日本海に凛と佇む越前水仙、そして多くの文学作品の舞台になった越前岬は、福井県を代表する景勝地

観光地の詳細情報

水仙の日本三大群生地

越前水仙
(C)福井テレビ

越前水仙は、越前海岸に咲く日本水仙の総称。発祥地は福井市居倉地区と伝えられています。

他の日本水仙に比べ、香りが良く、花が長持ちするのが特徴。

越前海岸の水仙の栽培面積は、約70ha~100haといわれ、全国一を誇ります。

水仙の香り漂う越前海岸
(C)福井テレビ

開花シーズンには、山の斜面が一面白いじゅうたんのようになり、清楚な香りが漂います。

越前水仙が咲き誇る越前海岸は、日本で数少ない野生の水仙の群生地で、千葉県房総半島、兵庫県淡路島とともに日本水仙三大群生地の一つに数えられます。

荒波と水仙のコントラストが美しい
(C)福井テレビ

12月から2月にかけて、日本海の厳しい寒風に耐えながら斜面に咲く凛とした清楚な姿は、別名「雪中花」とも呼ばれ、福井県の冬の風物詩になっています。

関連ポイントを探す