越前打刃物通り・タンス町・蔵の辻

古くからモノづくりが盛んで物資の中継基地として栄えた越前市の歴史と伝統の重みを偲ばせるスポット

観光地の詳細情報

モノづくりで栄えた街

古くからモノづくりが盛んだった越前市には、その当時を偲ばせる通りや辻があります。

打刃物問屋
(C)福井テレビ

越前市の旧北陸道沿いには、刃物問屋や商店が変わらぬ店構えで残っています。

越前時代箪笥
(C)福井テレビ

その程近くにある「タンス町通り」は、江戸後期から明治の中期にかけて木工業者が集まってできた職人の街で、伝統的な町屋づくりの家具屋と建具店を見ることができます。

蔵の辻
(C)福井テレビ

「蔵の辻」は、江戸時代以降、関西から北陸方面への物資の中継基地として栄え、商人たちの蔵が並んでいました。

現在は、木造の店舗や蔵を再生し、伝統的建築物を活かした町並みが整備され、平成13年には国の都市景観大賞「美しいまちなみ大賞」を受賞しました。

関連ポイントを探す