北庄城址・柴田神社・西光寺

ドラマなどでもお馴染みの戦国武将、柴田勝家と悲劇のヒロインお市の方、そして3人の娘ゆかりのスポット

観光地の詳細情報

波乱の生涯、お市と娘たち

織田信長の妹お市の方(おいちのかた)は、信長の政略で浅井長政に嫁ぎ、3人の娘をもうけました。しかし浅井が信長に敵対したため浅井の小谷城は攻められ落城。

次に嫁いだ柴田勝家もまた羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)に攻められ、お市の方は勝家とともに北庄城で自害しました。

お市の方(西光寺蔵).
西光寺蔵

お市の方とともに自害した柴田勝家
(C)福井テレビ

2度、城から救出された娘たちにも、数奇な運命が待っていました。

豊臣秀吉の側室となり秀頼を生み、後に大阪夏の陣で自害した茶々(ちゃちゃ)。京極高次(後に若狭国小浜藩主)の正室となり、豊臣と徳川の和議のため力を尽くした初(はつ)。三代将軍家光の母となり、大坂の陣で姉と娘を敵に回すことになった三女の江(ごう)。織田信長の血筋を受け継ぐ娘たちもまた、天下を二分する時代の流れに翻弄され、波乱の生涯を送ったのでした。

お市の方の三人の娘が預けられた西光寺
(C)福井テレビ

関連ポイントを探す