龍泉寺(りゅうせんじ)

通幻寂霊(つうげんじゃくれい)が開いた曹洞宗の寺院で、権現堂には国宝級の価値がある徳川家康、秀忠、結城秀康の木像を安置

観光地の詳細情報

府中城主本多家の菩提寺

龍泉寺へと続く参道
(C)福井テレビ

通幻寂霊の没後、1615年(元和1)に府中城主本多氏が檀家総代となって龍泉寺を復興。本多家の菩提寺とし、63石を与えました。

府中本多家墓所
(C)福井テレビ

境内には初代・富正の大きな五輪塔をはじめ、本多家歴代の墓があります。

天下の日本三木像(龍泉寺蔵)
龍泉寺蔵

権現堂には、本多家が将軍・徳川家光に願い出て京都の仏師に作らせた徳川家康、徳川秀忠、福井初代藩主・結城秀康の3体の木像(天下の日本三木像)が安置されています。

関連ポイントを探す