舟橋・九十九橋(ふなばし・つくもばし)

戦国武将、柴田勝家ゆかりの2つの橋。九頭竜川に小舟を並べ鎖で繋いだ舟橋と、足羽川にかかる半石半木の九十九橋

観光地の詳細情報

勝家最後の決戦

織田信長亡き後、次第に発言力を強める羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)と、それに反感を抱く柴田勝家との戦いとなった賤ヶ岳(しずがたけ)の戦い。この戦いには信長の後継者争いが絡み、織田家の家臣たちを2分する戦いでもありました。

1582年12月、秀吉はまず長浜城を降伏させ、続いて次々に敵城を陥落していきました。勝家は近江へ出陣しましたが、戦況は厳しくなるばかりで、ついに北庄城に退却。

北庄城は、追ってきた秀吉軍に取り囲まれ、4月24日、勝家と妻のお市の方(おいちのかた)は自害。落城前夜、勝家は城内の者を集めて最後の宴を開き、自害の前にはお市の方に城から逃れるよう説得したといわれます。

半石半木の九十九橋(福井城旧景より・福井県立図書館蔵).
福井県立図書館蔵

九十九橋(現在)
(C)福井テレビ

関連ポイントを探す