吉峰寺(きっぽうじ)

ホーム > 吉峰寺(きっぽうじ)
1200年前、泰澄が開いたといわれる寺で、道元禅師が越前入り後に滞在し、ここで『正法眼蔵』(しょうほうげんぞう)を執筆。

ふくい歴史百景

永平寺(えいへいじ)

再生: 4877

ふくい歴史王 発掘!ふるさと人物伝

永平寺の開祖、道元禅師

再生: 5320

ふくい歴史王 発掘!ふるさと人物伝

浄土真宗をひろめた蓮如上人

再生: 2690

ふくい歴史百景

吉崎坊舎跡(よしざきぼうしゃあと)、嫁威(よめおどし)伝説

再生: 1929

ふくい歴史百景

平泉寺白山神社(へいせんじはくさんじんじゃ)

再生: 6577

観光地の詳細情報

  • 正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)
吉峰寺
(C)福井テレビ

 

 

 

 

『正法眼蔵』(しょうぼうげんぞう)は、道元禅師が仏道の根源を説いたもので、1231年から1253年まで生涯をかけて著した95巻に及ぶ大著です。

道元禅師が永平寺を開く前、吉峰寺に滞在するおよそ1年の間に、その3分の1を著し、弟子たちに示しました。

『正法眼蔵』は、仏教思想に基づいた哲学書でもあり、後に西洋の哲学にも影響を及ぼしました。

道元禅師の教えを今に伝える坐禅石
(C)福井テレビ

道元禅師の教えを今に伝えるものとしてもうひとつ、『坐禅石』(ざぜんせき)があります。坐禅石は、吉峰寺の法堂の裏手にある石で、かつて道元禅師がこの上で坐禅を組んだと伝えられるものです。



 

200年以上前に玄透禅師が坐禅石を見て詠んだ漢詩
吉峰寺蔵

坐禅石を詠んだ漢詩の詩幅が、吉峰寺に残されています。この漢詩は、寛政8年(1796)、前年に永平寺の50世となった玄透禅師(げんとうぜんじ)が、吉峰寺を訪れ詠んだものです。

 

静かに今に留まる坐禅石。無言の教えを説き続けているようです。

1

北庄城址・柴田神社・西光寺

ドラマなどでもお馴染みの戦国武将、柴田勝家と悲劇のヒロインお市の方、そし...

再生回数:  16523 観光動画を見る

2

福井城址

時の移り変わりを見守ってきた掘と石垣が、築城当時へと想像を駆り立ててくれ...

再生回数:  12761 観光動画を見る

3

三国の古い町並み、出村遊郭街(でむらゆうかくがい)

北前船の寄港地として栄えた三国。かつてお茶屋が並んでいた出村遊郭街は、華...

再生回数:  12028 観光動画を見る

1

西洋医学の先駆者、杉田玄白

西洋医学翻訳(ほんやく)書『解体新書(かいたいしんしょ)』を著し、日本の...

再生回数:  25684 偉人動画を見る

2

福井で育った唯一の天皇、継体天皇

第26代天皇として即位(そくい)。幼い頃、越(こし)の国(福井県)へ移り...

再生回数:  12839 偉人動画を見る

3

『源氏物語』の作者、紫式部

世界最古の小説のひとつに数えられる『源氏物語』(げんじものがたり)の作者...

再生回数:  12430 偉人動画を見る